かぼちゃ電車バスについて

万代シテイバスまつり2016でのお披露目の様子(2016. 9.11)
万代シテイバスまつり2016でのお披露目の様子(2016. 9.11)

1999年より月潟駅で保存されている新潟交通電車線の車両(かぼちゃ電車)のカラーリングを纏ったラッピングバスが、2016年9月より新潟交通(株)の路線バスとして活躍しています。

 

このラッピングバスは、かつて電車が走行していた白山浦の旧電車通りや、電車線の計画線区間である萬代橋や柾谷小路を通過する「BRT萬代橋ライン」を中心に運行されています。

バスとしてではありますが、旧電車通り・市役所エリアではおよそ24年ぶりに、東関屋・青山エリアではおよそ17年ぶりに、このカラーリングの車両が帰ってくることになります(2016年現在)

なお、かぼちゃ電車保存会では、このラッピングバスの企画に協力いたしました。

 

※新潟交通HP掲載の路線図およびバスまつり2016案内を参考に作図。(クリックまたはタップで拡大)

注)特定の便にかぼちゃ電車バスが充当するとは限りません。

※白根・味方・月潟方面へのバスには使用されません。

かぼちゃ電車バス

(ISUZU ERGAノンステップ[QKG-LV234N3]/新潟西部営業所/H880-I号車)

フロント側の金太郎塗り(V字型の塗り分け)は、昭和30年代頃まで実車で見られたものを再現しました。

リア側の直線の塗り分けはそれ以降に採用されていたものです。(月潟の保存車両も直線の塗り分け)

※このバスに関する当会へのお問い合わせは、取材等の目的以外についてはご遠慮願います。

※このバスの運行・運用等に関して趣味上の目的で現業機関へお問い合わせをされますと、業務の支障となる場合がありますのでご遠慮願います。

※バス撮影時は安全に十分配慮し、くれぐれも事故やトラブルの無いようお願い致します。

各写真の著作権は、かぼちゃ電車保存会に帰属します。研究目的や教育上などでの利用、あるいは私的利用の場合を除き、無断での転載・加工・公衆送信・送信可能化などの一切を固くお断りします。画像などをご利用の際は、当保存会までご連絡ください。

株式会社トミーテック製「新潟交通かぼちゃ電車ラッピングバス・モハ14電車セット」のご案内

大手模型・玩具メーカーである株式会社トミーテック様より、上記にて紹介しております「かぼちゃ電車バス」と、そのデザインの元となった「かぼちゃ電車(旧新潟交通電車線)」の車両のうち「モハ14号」の2両が、1/150スケールの塗装済模型としてセットで2017年3月に発売されました。

(注:モハ14号は、月潟で保存されているモハ11号電車とほぼ同型の「日車標準車体」の車両です。)

 

詳しくは、株式会社トミーテック様のWebサイト内にあります製品案内をご覧ください。

こちらからご覧いただけます)

 

こちらの製品は、全国の家電量販店や模型店、ネットショッピングなどでお求めください。

 

【お願い】

※この製品に関して、当会や保存車両所有者である新潟市南区役所等へのお問い合わせは、取材目的および画像等利用の申請の場合を除きご遠慮ください。

※画像の無断転載や引用等は商用・非商用を問わず、かたくお断りいたします。

 

[記載内容は2017年3月25日現在の情報です]

▲模型化されたモハ14号電車(現役当時)と、かぼちゃ電車バス(新潟交通新潟西部営業所・H880-I号車)

※画像の無断転載や引用等は商用・非商用を問わず、かたくお断りいたします。

※遠足や総合学習、ならびに各種研修会・勉強会、各種撮影・収録などにおいて、月潟駅や保存車両の利活用をご希望の場合はお気軽に問い合わせください。

(旧月潟駅周辺は遊歩道や公園となっておりますので、区役所建設課等に事前のご連絡をお願いいたします。尚、ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。)

 

 


お問い合わせ先

 

★施設利用、車両利用などに関すること(団体でのご見学、新聞やテレビ等の取材・収録の申請など)等、総合的なお問い合わせ

・新潟市南区役所 建設課

…025-372-6460

[平日8:30~17:00]

 

★新潟交通電車線関連の資料や物品、写真等の提供依頼について、および保存会の活動に関すること

・かぼちゃ電車保存会

…この下の案内文の「こちら」の文字をクリックするとメール送信ができます

お電話でのお問い合わせは、個人宅となりますのでご遠慮ください

 

 

 

★かぼちゃ電車保存会へのお問い合わせはこちらです。